アルカリ土壌中和 | 株式会社インターファーム
 
  トップページ サイトマップ お問合わせ 会社概要 リンク 製品 土壌改良機材・工法 |止水工法  研究・開発実績 

 当社のブログ 「ソイルレスキュー」 です。 土壌試験室や実際の施工現場から情報を発信しております。
最終更新日:2014年3月5日
 
 
     message
Apr 2014
Feb 2014
ドクターペーハー(15kg入り)を値上げさせていただきました。積算資料4月号で1袋3420円(東北~関西地区)となっております。
ブログ「Soil Rescue」 高速道路法面や1級河川堤防のアルカリ法面中和処理の施工状況などを掲載しました。
ドクターペーハーと他の酸性資材の比較表を更新しました。(有機物を含む関東ロームpH9.3土壌を供試したもの)
 prayforjapan  東北地方を襲った大地震。想像を絶する甚大な被害に自失した日々が続きました。
でもそのとき、この日本と、そして日本人のために世界中が祈ってくれたこと。
これを忘れずに、誠実で思いやりのある国の住民として、この不幸な出来事を乗り越え、そしていかに復興できたのかを伝えることができるよう、今を一所懸命に。
 お亡くなりになられた方々に合掌。

           
           
           
           
                              
      アルカリ土壌中和剤 ドクターペーハー」はの中和剤は次の3タイプがあります。                         
        ドクターペーハー   粉状の中和剤で土壌に混合して使います。中和による電気伝導度を抑制するため、あらゆる緑化、造園工事に利用できます。アルカリ法面の対策としては、植生基盤材に混合します。
         
        ドクターペーハー液剤   液状の中和剤で、希釈し土壌に散布します。既存緑地のアルカリ矯正やスポーツターフのpH調整のほか、アルカリ性法面の表層中和にも効果的です。 
         
        ドクターペーハー汚泥用   建設汚泥などの強アルカリ土壌を中和するための資材です。pH11を超える場合はあらかじめ泥土を曝気処理する必要があります。 
         
           
      酸性硫酸塩土壌・酸性土壌の中和剤です。酸性硫酸塩土壌の法面では厚層基材に混合することで、基盤層内部を中性に保持します。  
           
        ドクターペーハーSX   高温高圧で焼成されたケイ酸カルシウムを主成分とした酸性硫酸塩土壌・酸性土壌の中和剤です。
pH9.5~9.8程度で、炭酸カルシウムより高く水酸化カルシウム(石灰)よりも低いため、pH適用範囲が広く、様々な酸性土壌が混在する場所でも一律配合が可能です。
       ページ作成中  
           
           
           
       山河マット(受注生産)   酸性硫酸塩土壌が露出する山腹崩壊地の修復のための植生マットです。
培地はココピートに「ドクターペーハーSX」を配合しているため、培地が中性を保持し保水性に優れるため、飛来種子の活着に優れます。種子ブレンドも可能です。 3~5年で分解し土に帰ります。
       
           
           
        ボストンファームⅡ   100%リサイクル 素材でできた環境負荷の少ない軽量人工土壌です。
           
           
           
       ビーエフライト    ALCパネル(軽量発泡コンクリート)を破砕し粒度調整した軽量骨材です。 
地下構造物上部への埋め戻しや擁壁背面への充填などに利用できます。
人工地盤上での排水層としての利用も可能です。(pH9程度なのでアルカリに留意ください)
       ページ作成中  
           
           


         
     
 
 
 
   中性固化土工事業協同組合機材センター    可搬式土質改良プラント  
   建設汚泥の中和    建設汚泥リサイクル  
         
   ドクターペーハー汚泥用を用いた中和    アルカリ性泥土を40㎥/hで連続して中和処理  
  アルカリ性建設汚泥の中和    建設汚泥リサイクル   
 

   

建設汚泥リサイクルの概要へ
ページ作成中 

止水工法  ページ作成中
変形に対する優れた追従性を有する硬化材を用いることで、土壌孔隙 を塞ぎ止水する工法です。従来ではなかなか止水できなかった伸縮目地周辺の止水に有効です。

       
 
  例えば「土」と「土壌の」違い。
それぞれの専門分野の境界線には、解決されるべき諸問題が存在しています。
システムから生じる不具合は他に譲るとして、化学的アプローチや
「資源リサイクルの問題も、土の中で起っていることと同一線上に、つまり物質循環の応用問題として考えています」(森技術研究所)的な視点で見てみると意外な解決方法が見いだせるものです。
先人の残した言葉土に帰る」は、簡潔で本質的、実に奥深い言葉だと思います。

●主な研究開発・助成事業
   ・緑化不適土壌の改良
    ・有機、無機系産業廃棄物の土壌化
    ・建設汚泥、浚渫土の農地利用のための研究
    ・重金属汚染土壌の不溶化
  soiltest  
 pottest
       

 株式会社インターファーム
Copyright (C) 2013 interfarm Co., Ltd. All rights reserved